FC2ブログ

しおんのJRA競馬予想

毎週中央競馬の重賞予想を無料で行います。競馬の格言も検証予定。

競馬予想 2018.11.11 第43回エリザベス女王杯(GⅠ) 芝2200M

競馬予想 2018.11.11 第43回エリザベス女王杯(GⅠ) 芝2200M



自信度:C



有力馬の人気が分かれて混戦模様。
しかし、それが軒並み外国人ジョッキーであることから、少しさびしい気もする。
ただ、それなりに癖のある馬ばかりなので、絞るのが難しい。
それでは、展開を見ていきたい。



展開

逃げる候補は2頭、プリメラアスールとクロコスミア。
クロコスミアが逃げ宣言しているが、争いは起きるだろうか。
隊列は以下のとおり。


逃げ:④プリメラアスール、⑨クロコスミア
先行:⑤レッドジェノヴァ、⑪スマートレイアー、⑭ワンブレスアウェイ、⑮エテルナミノル
中段:②フロンテアクイーン、⑧カンタービレ、⑫リスグラシュー、⑬ノームコア
差し:③レイホーロマンス、⑩ヴァフラーム、⑯コルコバード、⑰ミスパンテール
追込:①ハッピーユニバンス、⑥アドマイヤリード、⑦モズカッチャン


まず焦点になるのは、プリメラアスールとクロコスミアが先行争いするかどうかだろう。
プリミラアスールは前走先行策だったが、折り合いに問題はなかった。
クロコスミアは、昨年2番手から2着に入線している。
つまり、クロコスミアの逃げ宣言は有力馬の位置を後ろにするための作戦なのではないか。
昨年の惜敗からもう一歩前に進めるための選択肢が狭いことを思えば、今回のコメントは作戦と思えて仕方ない。
また、プリメラアスールも無理に逃げるよりもスローに持ち込みたいはずだ。
そのための先行策だったとも思えるのだ。

道中はスローペース。
そこで、ほかの有力馬が動くかどうかがポイントなのだが、その可能性があるのは2頭。
モズカッチャンとリスグラシュー。
リスグラシューは脚が長いことが持ち味の馬だが、今回は久しぶりの2000M以上という点を思えば、動けないのではないか。
それに対し、可能性があるのがモズカッチャン。
最近スタートが遅いのでおそらく後方からだが、留まっても勝てないと思えば動くだろう。
ただし、テンションが上がりやすい馬なので、騎手の判断も難しいところだ。

その後は、動くか動かないかで判断が変わってくるのだが、動かなければ当然前有利だ。
動いた場合は前がしんどくなるわけなので、後方待機組に利が出てくることになる。

最終的には、今回は大きい勝負は難しいのだが、基本的には前の組、保険で待機組という組み合わせになる。
ただし、瞬発力がない馬でなければ、上位は難しい。



実力

買いたい馬
⑨クロコスミア
今年に入って、苦手の道悪や展開が向かないレース続きなので弱くなったように思える。
しかし、ペースが速くなっても粘った前走を見る限り、実力に変化はない。
前半1000Mが59秒台で33秒8だった(昨年やや重で前半1分1秒9、上がり33秒7)わけなので、十分だろう。
リスグラシューと0秒5差だが、斤量は1キロ縮まるので、実質0秒3差。
前に飛ばす馬がおらず、マークが完全に外れてくる今回は、好戦必至だ。


まだ買いたい馬
②フロンテアクイーン
安定感が抜群。
最後に足が鈍る点が難点だが、先団の内でじっとしていれば、展開利が見込める可能性が高い。
前走ある程度のペースでも、先に抜け出して僅差の3着だったことを思えば、今回は条件が好転。



微妙な馬
⑤レッドジェノヴァ
前走のレベルが低かったので過剰評価は禁物。
しかし、一瞬の瞬発力が優れている点や脚を余して負けた点を思えば、買える余地は残る。
スタートがいい点もこの馬にはプラスになるだろう。

⑬ノームコア
前走は今までの印象とはまったく違う走りで、タイムも優秀。
しかし、前半折り合いに気をつけないといけない馬なので、初めてのGⅠが非常に気になる。
外枠で壁を作る必要があるのでポジションも後ろになりがち。
さらに、今回ルメールが勝つと5週連続。
さすがに、ギャンブル的な視点から言っても買うのが難しい馬になるため、軸には難しい。
それでも実力的には上位の可能性が残るため、この評価になる。

⑫リスグラシュー
まず、距離延長に心配な点が残る。
その上に、苦手となるスローの瞬発力勝負が濃厚。
そのためのマイル転向だったにもかかわらず、なぜこのレースなのか。
前走がペース的に流れてしまったので、スローのレースは久しぶりになってしまう。
強いのは認めるものの、ちぐはぐなレース選択の影響が出そうな気がして仕方ない。

⑦モズカッチャン
実力的には一番かもしれない。
しかし、最近スタートが非常に悪いだけに、道中難しい選択を迫られてしまう。
じっと待っても内の馬場が悪く抜け出せるかも不透明、動いても他の馬との追い比べで劣勢を迫られる。
昨年これ以上ない展開で僅差、しかも今回2キロ増。
すべてがマイナスに転がることを思えば、押さえ以上にはならない。


買いたくない馬
⑧カンタービレ
正直に言って、ほとんど可能性はないと見ている。
というのも、ローズSでマイナス体重で入った後に、GⅠを走っている。
牝馬は体調を長続きさせるのが難しい中で、ここまで一杯だと、まず体調を疑ってしまう。
また、やはり折り合いに気をつけないといけない馬が、スローペースで距離延長は気になる点。
ほかの馬に比べて瞬発力で優れているとも思えず、2着はしんどいと見ている。



結論・買い目

正直に、一長一短の馬が多いレースなので、人気薄で勝負する。
しかし、大きな勝負は禁物だ。


ということで、買い目は、
馬連:⑨-②⑤⑦⑫⑬
となります。


よろしくお願いします。

競馬予想 2018.11.10 第23回武蔵野S(GⅢ) ダ1600M

競馬予想 2018.11.10 第23回武蔵野S(GⅢ) ダ1600M



自信度:B



ざっとメンバーを見て感じたのは、上位と下位との実力差が大きいレースだということ。
しかし、有力馬にはレース内容が雑な馬や展開が向かない馬もいる。
さらに、ステップレースという点が調子の読みを難しくさせている。
それでは、展開を見ていきたい。



展開

とにかく、逃げる馬があまりいない。
というよりも、スタートダッシュを利かせて前にいける馬が少ないということだ。
隊列は以下のとおり。


逃げ:①マイネルオフィール
先行:⑥ラインシュナイダー、⑦ユラノト、⑨ストロングバローズ、⑩ナムラミラクル、⑯インカンテーション
中段:⑧ルグランフリソン、⑪グレンツェント、⑫クルーガー、⑬メイショウウタゲ、⑭モルトベーネ
差し:③クインズサターン、⑤イーグルフェザー
追込:②パルネトルラーフ、④サンライズノヴァ、⑮ウェスタールンド


どの馬が逃げるのか正直推測しにくいが、前を主張するならブリンカー装着で内枠のマイネルオフィール。
ただ、外目に行ければ先行策でも全く問題ない馬で、ほかの先行馬も競るとは考えにくい。
というのも、敵はあくまでもサンライズノヴァとウェスタールンド、つまり差し馬だからだ。
どの馬もペースを落とせば接戦に持ち込めると考えているはずだ。

当然、道中はスローペース。
ここで、ウェスタールンドが動くかどうかが重要になってくるのだが、鍵はサンライズノヴァなのではないか。
やはり、有力馬の差し馬で先に動きたくはないと考えるのが普通だ。
慣れない外国人騎手なので早めに動いてしまう可能性も秘めるが、サンライズノヴァを意識して動き出しが遅れてくる可能性のほうが高い。
つまり、前の有利は揺るがないのではないか。

直線は時計勝負というよりもむしろ瞬発力勝負。
つまり、前の組で瞬発力がある馬を選んでいく必要がある。




実力

買いたい馬
⑦ユラノト
時計面での不安は若干残るが、今回のレースだと問題にならない可能性が高い。
それよりも、スタートの安定性、展開の優位性に加え、瞬発力が先行馬の中では抜けている。
また、今後大きいレースに乗せるための賞金加算の事情もある。
実力、調子、展開を総合すれば、この馬が狙う馬になる。


まだ買いたい馬
⑩ナムラミラクル
瞬発力は少し劣るものの、前走は評価できる。
逃げる人気馬をマークする厳しい展開ながら、最後まで脚を持たせた。
今回はそういった余計な心配をしなくてすむ分、粘りも変わるだろう。
ユラノトに比べて瞬発力が劣る分、この評価になるが、相手としては最適な馬になる。

⑯インカンテーション
本来なら本命はこの馬。
しかし、高齢馬の休養明けで賞金も足りているのだから、当然勝負に来ていない。
となれば軸にはできず、相手評価となる。


微妙な馬
④サンライズノヴァ
強いのは当然認めるが、依然としてレースが荒削りすぎる。
前走は逃げ馬が人気だったので最後は届いたが、今回はさらに展開が向かない。
さすがに軸にするのは危険に感じる。

⑮ウェスタールンド
前回のレースは確かに強かった。
展開が向けばGⅠでも好走可能に見えるのだが、前走は大外でも追い込みを選択。
つまり、序盤でどうしても、前には行けない馬ということだ。
それを考えたときに、今回は15番枠でしかもサンライズノヴァが存在し、展開も間逆。
人気馬で自分から動く点も考えれば、楽なレースはできないはずだ。
押さえ評価以上にはなりえない。


結論・買い目

今回はある程度絞りやすいレースのため、ある程度の勝負をしていきたいところ。


ということで、買い目は、
馬連:⑦-④⑩⑮⑯
となります。


よろしくお願いします。

申し訳ありませんが

今週は旅行のため、予想を休ませていただきます。

申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

競馬予想 2018.10.28 第158回天皇賞(GⅠ) 芝2000M

競馬予想 2018.10.28 第158回天皇賞(GⅠ) 芝2000M



自信度:C



個人的に、レベルの低いレースと感じている上に、各馬が一長一短。
展開の読みも難しいので、基本的に見るレースと考えている。
それでは、展開を見ていきたい。



展開

折り合いに問題がある馬が非常に多い。
その上に、逃げたい馬がいない状況。
隊列は以下のとおり。


逃げ:⑧ダンビュライト
先行:①ステファノス、⑦アルアイン、⑩キセキ、⑪ミッキーロケット
中段:③ヴィブロス、⑨サングレーザー、⑫サクラアンプルール
差し:④レイデオロ、⑤スワーヴリチャード、⑥マカヒキ
追込:②ブラックムーン、⑬アクションスター


どの馬が逃げるのかという点だが、まず指摘したいのはダンビュライト。
スローペースの瞬発力勝負では分が悪い馬。
ということは、レイデオロやスワーヴリチャードに捲くられずに差を保ったまま直線を向きたい。
つまり、ある程度のペースを一定で刻み続けたいという思惑があるに違いない。
しかも、同厩舎はミッキーロケット。
この馬もスローペースは避けたいので、同厩舎2頭とも思惑が一致する。
つまり、前半1000M1分前後の逃げになってくるのではないか。

そして、もうひとつ考えないといけないのが、キセキの動向だろう。
折り合いをある程度つけることができれば、十分に勝負できる手ごたえを前走で掴んだはずだ。
その前半1000Mが、59秒2ということなので、これより遅いペースで折り合いがつかないようだと行く可能性がある。

結局、何が言いたいのかといえば、スローペースは考えにくいということだ。

つまり、今回は捲くる展開は考えづらく、後方は折り合いに専念せざるを得ない。
しかも、これで厄介になってくるのが仕掛けどころだ。
レイデオロ、スワーヴリチャード、マカヒキ、サングレーザー。
軒並み差し馬が有力どころで、仕掛けが遅れてくる可能性が高い。

つまり、今回のねらい目は、
ある程度の瞬発力と持続力を持った、先行馬ということになる。
ただし、スワーヴリチャードが出遅れずに先行した場合、この前提は崩れて差し馬が来る可能性がある。



実力

買いたい馬
⑪ミッキーロケット
正直に言って、宝塚記念は驚いた。
内容は非常に優秀で、フロックとは思えない。
しかも、今回はダンビュライトに引っ張ってもらって、ある程度のペースから持続力勝負に持ち込めて展開も向く。
まだ人気のない今回、買える馬となる。


まだ買いたい馬
④レイデオロ
前走が、折り合いがついたものの、抜け出すのがやっと。
それでも他の馬の中では欠点が少なく、長い脚も持っている。
出遅れて後方になったときの対応が気になるが、距離短縮は好材料。
ということで、この評価となる。

⑩キセキ
前走は休み明けで大幅な馬体重増。
それでいて、前を追いかける厳しい展開で上位だった点は評価できる。
元々、鋭い瞬発力もあればスタミナも持ち合わせている馬。
当然、相手には必要な馬だろう。

⑤スワーヴリチャード
とにかく不安定な馬で、判断が難しい。
前走短距離を使ったことで、折り合い面が気になる上に、出遅れ癖もある。
最後にいつも脚が鈍ってくるので、どうしても中心視はできない。


微妙な馬
③ヴィブロス
判断が非常に難しい馬だが、宝塚記念ですら終始掛かり気味だった点が気になる。
気性的に、マイル~1800M程度の距離の適性に変わってきている印象だ。
実力はあるため、念のために押さえておく。

⑦アルアイン
実力的に中途半端。
ただ、平均ペースからの持続力勝負なら、この馬の実力が一番発揮できる。
掲示板には来るが、2着以内といわれるとしんどいと思われるが、展開を考慮しこの評価とする。


買いたくない馬
⑨サングレーザー
札幌記念のレベルはかなり低かったのが気になる上に、あのハイペースでも折り合いがつかなかった。
最後の200Mしか追っていないのに最後に脚が鈍ったところを見ても、中距離の東京向きの印象はない。
当然、静観妥当となる。

⑥マカヒキ
この馬も、前走はレベルの低いレースの上に展開に恵まれた。
今回は後方から行っても展開が向かないことから、掲示板にすら来るイメージは沸いてこない。



結論・買い目

実力や展開の面で絞りにくく、非常に難しいレースの割には、配当が高くなると思えない。
遊び程度の勝負が妥当だろう。


ということで、買い目は、
馬連:⑪-③④⑤⑦⑩
となります。


最後に、この4世代は個人的にずっと評価が低いので、もし香港に出た場合はすべて外します。
よろしくお願いします。

競馬予想 2018.10.21 第97回菊花賞(GⅠ) 芝3000M

競馬予想 2018.10.21 第97回菊花賞(GⅠ) 芝3000M



自信度:A



このレースについては、当然展開も大事だとは思うが、そもそも長距離が走りきれるのか疑問な馬が多数存在している。
適正を判断できれば、おのずと賭ける範囲は狭まってくるように感じている。
それでは、展開を見ていきたい。



展開

折り合うための気性に問題がある馬が多い。
そのために逃げないといけない馬が多数存在するのが問題になる。
隊列は以下のとおり。


逃げ:①アイトーン、④ジェネラーレウーノ、⑤エポカドーロ、⑥メイショウテッコン
先行:⑩アフリカンゴールド、⑪コズミックフォース、⑯ステイフーリッシュ
中段:⑦ユーキャンスマイル、⑧カフジバンガード、⑱グローリーヴェイズ
差し:③ブラストワンピース、⑨エタリオウ、⑬タイムフライヤー、⑰シャルドネゴールド
追込:②グレイル、⑫フィエールマン、⑭グロンディオーズ、⑮オウケンムーン


とにかく折り合いをつけるために先頭に行きたい馬が4頭も存在している。
当然、いいレースをするために譲れないところなので、この時点でまずスローは考えられない。
この時点ですでに待機勢が有利になることは明白のレースだ。

道中は折り合いに専念するものの、前半先行勢が無理をすることから、道中にガクっとペースを落とすことが考えられる。
そうなるとさらに折り合い面の心配がない馬が有利になってくるし、後方で無理をしなかった馬が有利になってくる。

ただし、最後の直線に入るときにはある程度の位置にいたい馬が多いことから、持続力勝負になる可能性が高い。
つまり、今回は折り合いの心配がなく、脚が長い馬を選択する必要がある。



実力

買いたい馬
⑨エタリオウ
折り合い、安定感、脚の速さと持続力を考慮すればこの馬。
前が有利だったダービーでさえ4着だった。
それが、今回の展開でメンバー弱化、前走の仕上げでの好走。
マイナスになる材料がまったく見当たらない。
たとえ展開が向かなくても上位にくることは明白で、当然軸になる馬になる。


まだ買いたい馬
③ブラストワンピース
ダービーは騎乗が下手だっただけで、普通なら2着以上のレース。
この馬の特徴はとにかく速い脚の持続力。
間違いなく上位に来る存在だが、唯一、序盤の折り合い面に不安が残る。
ということで、この評価となる。


微妙な馬
②グレイル
脚に安定感が出てきたので、今回は上位の可能性がある。
しかし、上位2頭とは明らかな差があるため、どうしてもこの域を出ない。


買いたくない馬
④ジェネラーレウーノ
乗り難しい馬は、基本的に長距離向きではない。
ダービーでの走りがそれを証明している。
確率的な問題と、倍率を照らし合わせた場合、今回賭ける対象とはならない。

⑤エポカドーロ
元々、この馬は中距離馬という認識。
前走でも、長距離の瞬発力勝負になると負けてしまう点を露呈してしまった。
展開も厳しいことを思えば、今回も賭けたい馬とはならない。

⑭グロンディオーズ
一見買いたくなる馬なのだが、前走の走りを見る限り、ブラストワンピースとはかなりの差がある。
人気と枠順を思えば、買いたい馬とはならない。

⑫フィエールマン
前走展開が向いた割に、折り合いを欠いた馬に負けてしまうようではレベルが低い。
上位争いができない可能性が高い。



結論・買い目

このレースは狙い目が完全に絞られるレース。
無用な穴狙いは避けて、1点で勝負したい。


ということで、買い目は、
馬連:③-⑨
ワイド:③-⑨
複勝:⑨
となります。


当たる確率は非常に高いと見ています。
よろしくお願いします。