FC2ブログ

2018.2.4 競馬予想 第58回きさらぎ賞(GⅢ) 芝1800M

2018.2.4 競馬予想 第58回きさらぎ賞(GⅢ) 芝1800M



自信度:C



キャリアが浅い馬が多すぎて、なかなか整理して考えることができない。
とにかく、展開を考えていきたい。



展開

積極的に逃げそうな馬は、人気薄で初ブリンカーのオーデットエールとなるのではないか。
隊列は以下の通り。


逃げ:⑦オーデットエール
先行:⑩カツジ、③サトノフェイバー、②スーサンドン、④ラセット
中段:⑧グローリーヴェイズ、⑤レッドレオン、⑥ニホンピロタイド
差し:⑨ダノンマジェスティ
追込:①スラッシュメタル


道中のペースは意外と速くなるのではないか。
カツジにしてもグローリーヴェイズにしてもダノンマジェスティにしても、瞬発力勝負上等の馬。
となれば、人気薄の馬はどうしても先行してリードしておきたい、となる。
スーサンドンしかり、ラセットしかり、レッドレオンしかり。
後方から差しで勝ち上がった馬がいないという点を考えても、後ろから行きたい馬は皆無。
つまり、先行争いが起きる可能性があると言うことだ。

ということは、ある程度の時計を持っていないと厳しいレースになる可能性が高い。
実力が問われるレースとなりそうだ。



実力
まだ買いたい馬
④ラセット
先行してからある程度速い脚を繰り出すことができ、安定感もある。
他の馬との瞬発力勝負になったときに疑問だが、そもそも抜き出たレースをした馬が少ない。
となれば、あえて言えばこの馬からが妥当なのではないか。


微妙な馬
⑨ダノンマジェスティ
瞬発力があることは証明した。
ただし、時計を出せる馬かどうかは完全に未知数。
恐らくペースに戸惑い、後ろからの競馬になるだろうから、そこからどこまで追い込めるか。
新馬の内容の割には期待値と人気が非常に高く、持ち人気のある馬なので、とても手を出せない。
凡走の可能性もあるので、押さえが適当だろう。

⑩カツジ
この馬も時計を持っていない点が非常に気になる。
はっきり言って前走は展開が向いたので、強さはまだ未知数。
その割にはかなり人気になっており、勝負できる馬ではなくなっている。

③サトノフェイバー
展開が向いた新馬戦だけでの評価ははっきり言って危険。
この馬も人気になりすぎている感があり、割に合わない。

⑧グローリーヴェイズ
この馬も時計がない。
前走もレベルが低いレースで信用できず、押さえが適当としか思えない。



結論・買い目

さすがに、実力が未知数な点が多すぎて、積極的に手を出せるレースではなくなっている印象。
ただし、人気馬が軒並みコケる可能性が高そうだ。

ということで、買い目は、
馬連:④―③⑤⑥⑦⑧⑨⑩
複勝:④
となります。
ただし、大きな勝負はできません。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment