FC2ブログ

競馬予想 2018.2.17 第52回小倉大賞典(GⅢ) 芝1800M

競馬予想 2018.2.17 第52回小倉大賞典(GⅢ) 芝1800M



自信度:D



ローカルGⅢらしく、レベルがぐっと下がった組み合わせ。
いかにも予想が難しそうだが、とりあえず展開を見ていく。



展開

逃げはヤマカツライデンとウインガナドルの2頭だが、ウインガナドルは2番手でもいける馬。
ダノンメジャーは抑えても大丈夫だが外に位置したいのである程度行くだろう。
先行勢が非常に多い上に小回りの小倉なので、それなりに速いペースになってきそうだ。
隊列は以下のとおり。


逃げ:⑪ヤマカツライデン、⑭ウインガナドル
先行:②ダノンメジャー、⑬トリオンフ、⑯クインズミラーグロ
先行:⑤サトノアリシア、⑥ダッシングブレイズ、⑨ケイティープライド
中段:⑩タイセイサミット、⑫クラリティスカイ
差し:①スズカデヴィアス、③サトノスティング、④ストレンジクォーク
追込:⑦ヒットザターゲット、⑧マサハヤドリーム、⑮ハッピーユニバンス


道中は、一旦ペースが緩む可能性はあるが、前半のペースが速い分後ろに有利なペース。
あとは、1番人気のトリオンフがいつ仕掛けるか。

今までどおり早めなら後ろの出番だし、余裕がなければ前が残る。
これが実に微妙で、結局どちらのパターンも考えなければならなさそうな状況だ。
ただし、ひとついえることは、タイムは必須ということだ。



実力

まだ買いたい馬
②ダノンメジャー
前走が非常に内容のいい競馬。
序盤の逃げ争いをうまく切り抜けて速いペースを先行し、僅差の4着は非常に評価できる。
ほかの馬を気にする欠点が薄れたことで、堅実なレースが続いている。
持続力勝負も望むところだが、内枠が難点。
序盤でうまく外めを追走できれば、早めにこられても大丈夫だろう。


微妙な馬
⑬トリオンフ
圧勝続きで一見強いように思える。
勿論簡単に勝つ可能性もあるし、斤量の恩恵も大きい。
が、いずれもタイム的に平凡。
展開的にハイペースな上に揉まれたレースをした時に勝てるかどうか未知数。
確かに買わないといけないが、人気ほどの信頼をするのは危険に感じる。

④ストレンジクォーク
前走が評価できるレース。
今回はペースが速くなることが想定されるため、より展開も向く。
持ちタイムが微妙だが、内でじっと我慢していれば、直線伸びてきそうだ。

①スズカデヴィアス
やはり1枚落ちのメンバーでは堅実。
ただし、七夕賞や京都金杯でもそうだったが、あまり速いペースでの対応が苦手に思える。
その分だけ、この評価となる。

⑪ヤマカツライデン
おそらく単騎逃げ。
ある程度のペースで、勝負どころの展開で恵まれれば残る可能性は秘める。


買いたくない馬
⑥ダッシングブレイズ
エプソンCは展開に恵まれた。
今回は全く逆の展開になる可能性が高い上に、長期休養明け。
積極的に買える馬ではない。

⑭ウインガナドル
ここで通用する可能性はあると思うが、新潟記念の内容が不満。
持続力勝負になったときに、残るだけの実力があるかは微妙。



結論・買い目

勝負どころからの展開が非常に読み辛いし、実力で抜けた馬もいないので勝負しにくい。
しかも、まだ賭けられる馬が軒並み人気馬。


ということで、このレースはパスとなります。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment