FC2ブログ

競馬予想 2018.2.18 第35回フェブラリーS(GⅠ) ダ1600M

競馬予想 2018.2.18 第35回フェブラリーS(GⅠ) ダ1600M



自信度:C



今年最初のGⅠで自ずと気合が入るところ。
枠順を見ると、ケイティブレイブが内枠を引いたのに対し、他の有力馬は綺麗に外の偶数枠。
さすがに人気馬には逆らえないと思った瞬間だ。
それでは、展開を見ていきたい。



展開

逃げ先行したい馬が多数で、しかも全て砂を被りたくないにも関わらず内枠。
ケイティブレイブ、インカンテーション、ニシケンモノノフ。
そして、早めの競馬のテイエムジンソク。
それ以外の馬も中段より前に付けたい馬が多く、ペースは速くなってきそうだ。
隊列は以下の通り。


逃げ:②ケイティブレイブ、③ノボバカラ
先行(前):①ニシケンモノノフ、⑥インカンテーション、⑩テイエムジンソク
先行(後):④アウォーディー、⑦ララベル、⑮ベストウォーリア
中段:⑧メイショウスミトモ、⑪ロンドンタウン、⑭ゴールドドリーム
差し:⑨キングズガード、⑬レッツゴードンキ、⑯サンライズノヴァ
追込:⑤サウンドトゥルー、⑫ノンコノユメ


道中は最低でもミドルペースで進む。
そして焦点になってくるのがテイエムジンソクの仕掛け。
鞍上を考えると、無理な小細工はしないので、早め先頭からの押し切りを狙うだろう。
そうなると、ますます前が苦しくなってくる。

直線に入って、後方から、ゴールドドリーム、サンライズノヴァ、ノンコノユメが一気に押し寄せてくることは明白。
キレのある差し馬の出番になりそうな展開だ。
それでは、実力を見ていくが、GⅠなので、全馬書いていく。



実力

まだ買いたい馬
⑭ゴールドドリーム
チャンピオンSで見せた末脚は圧巻。
今回のペースを考えると、前走より展開が向くことは明らかで、買わなければいけない。
ただし、人気の割に癖があることが気がかりで勝負しきれない。

⑫ノンコノユメ
前走の内容は素直に評価できるし、外枠も歓迎。
ただし、砂を被ると駄目な馬なので、今回も恐らくかなり後方で外目からの競馬。
ペースが少しでも緩んだ時にどこまで迫れるかが未知数。
まだ信頼が置けないので、この評価となる。

⑯サンライズノヴァ
前走で力があることは確認できたし、今回大外枠なのは非常に幸運。
しかし、前走は勝ちに行ったレースだから仕方ないものの、2キロ重い馬に差されてはいけない。
前走が勝負レースだったことを考えると、今回は評価をひとつ落とす必要があるため、この評価となる。


微妙な馬
⑩テイエムジンソク
チャンピオンSは展開が向いてあの競馬だったのだから、今回は厳しくなることは明白。
前走も滅茶苦茶な競馬で、騎手は無駄にこの馬の体力を消費してしまっていた。
速い脚も持っていないことから、最後に差されてしまう可能性が高い。
ただ、先行勢の中では一番力があるため、この評価となる。


買いたくない馬
⑨キングズガード
やはり左回りの時計勝負では分が悪い。
確かに展開は向かなかったが、上位とは差があることが明確になったため、今回は静観が妥当と判断。

⑤サウンドトゥルー
確かに強い馬なのだが、どちらかと言えばもう少し距離が必要な印象な上に、芝も苦手。
内枠で最後方に下げる可能性が高く、さすがにそこから上位に進出できるとは思えない。

⑪ロンドンタウン
道悪だと考える範囲に入ったのだが、パサパサのダートになった上に、今の調子を考えると微妙。
静観が妥当と考える。
ただ、買いたくない馬の中でも⑤⑨⑪の3頭だけは、まだ僅かに可能性が残っていると考えている。

②ケイティブレイブ
チャンピオンSで展開が向いてもあの着順。
元々地方の深いダートが得意なタイプで、中央の軽いダートでは実績が無い。
今回は展開も向かない上に内枠、しかも前走が勝負レース。
ということは、静観妥当となる。

⑮ベストウォーリア
強い馬だが、近走を見る限り往年の勢いは衰えている印象。
展開も考えると、静観が妥当だろう。

④アウォーディー
さすがに全盛期の勢いは無い印象。
近走はふがいないレースが続いており、展開が厳しい今回は静観が妥当。

①ニシケンモノノフ
さすがに今回は距離が長い上に展開的に厳しい。
狙い目は全く立たない。

⑥インカンテーション
武蔵野Sは完全に展開が向いたレース。
それを考えると今回は厳しい上に、メンバーも強力。
さすがに買える馬ではない。

③ノボバカラ
もうピークを過ぎている馬。
さすがにこの舞台では酷ではないか。

⑦ララベル
勝ってきたレースを考えると、ここでは勝負にならない。
最下位争いの馬連なら勝負できるかもしれない。

⑧メイショウスミトモ
メンバーに恵まれて展開も向いたシリウスS以降は全く上位に顔を出せない状態。
ここでは相手にならない。

⑬レッツゴードンキ
毎年このような馬が出てくるが、大概走らない。
この馬は1200M主体で戦ってきたのに、1600Mのダートは無謀すぎる。



結論・買い目

ペースは速くなりそうな上に、有力馬は外枠の差し馬ばかり。
さすがに穴狙いは禁物なので、点数を絞る必要がある。


ということで、買い目は、
ワイド:⑫⑭⑯BOX
となります。


仮にペースが緩んで先行馬が粘った場合を考慮してワイドで勝負します。
これでも1つ的中すれば1.5倍になると思います。
ただし、倍率が低いので大きな勝負は割に合いません。

遊び程度に楽しみたいと思います。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment