FC2ブログ

競馬予想 2018.2.25 第62回阪急杯(GⅢ) 芝1400M

競馬予想 2018.2.25 第62回阪急杯(GⅢ) 芝1400M



自信度:B



一長一短のメンバーで一見どの馬を軸にするか迷うレース。
とりあえず、展開を見ていきたい。



展開

阪神カップに出走した馬が多数。
ということは、阪神カップの結果がこのレースの展開に大きく左右するのではないか。
隊列は以下の通り。


逃げ:⑯アポロノシンザン
先行:④ペイシャフェリシタ、⑧ヒルノデイバロー、⑫ディバインコード、⑬ダイアナヘイロー
中段:①ニシノラッシュ、⑦ムーンクレスト、⑪コロマンデル、⑰モズアスコット
差し:②シュウジ、⑤コスモドーム、⑥レッドファルクス、⑨マイネルバールマン、⑮カラクレナイ、⑱タイムトリップ
追込:③ミッキーラブソング、⑩ユキノアオイロス、⑭モーニン


ヒルノデイバローにしてもペイシャフェリシタにしても、ダイアナヘイローにしても先行で大丈夫なタイプ。
それに、3頭とも前走が1200Mからの距離延長。
ダイアナヘイローに関しては、前回距離延長の際は差しに構えている。
どう考えても序盤から飛ばしたいとは思わないだろう。
つまり、アポロノシンザンの単騎になる可能性が高い。

道中も、否が応でもレッドファルクスを意識せざるを得ない。
唯一のGⅠ馬で明らかに格上の存在。
モズアスコットも前走で早めに動いて最後差されたことを考えれば、早く動かない。
つまり、道中で動ける馬もいないということだ。

勝負どころでも、今回モズアスコットは末脚勝負の可能性が高く動かない。
レッドファルクスも早めに動くタイプではなく、恐らくギリギリまで我慢するだろう。
そうなれば、ますます前の組が放置されたまま直線に入る可能性が高い。

直線ではアポロノシンザンが粘る中、ヒルノデイバロー等先行勢も踏ん張る展開。
差し馬は非常に厳しい展開で、鋭い差し脚が無ければ上位には顔を出せない可能性が高そうだ。



実力

買いたい馬
⑯アポロノシンザン
実力は、このメンバーでこの距離なら1,2を争う存在。
その割には人気が無い上に、展開も非常に有利。
コース的にも逃げが有利で、今回は全てが揃っている状況。
前走は後ろに脚を使わせるために離して逃げる戦略だったのだろう。
それで駄目だった反省もあるだろうから、今回はハイペースでは行かない作戦でくるだろう。
となれば、ここでこそ、買わなければならない馬となる。


まだ買いたい馬
⑥レッドファルクス
さすがにここでは実力上位だし、安定感もある。
非常に鋭い差し脚を持っていることを思えば、展開が向かなくても買わないといけない馬となる。
普段は休養明けで仕上げてGⅠレースのところが、珍しくたたき台を挟んできたのが読みにくいところ。
恐らく昨年も挟みたかったのだろうが、調子の関係で無理だったのだろう。
ということは、今年はまだ順調と言うことになる。
1400Mという点も疑問だが、シルクロードSがハンデ戦のため、ローテ的にここしか出せない事情がある。
勝負気配が無い分軸は難しいが、人気馬の中で一番内枠を引いたことも好材料で確実に上位争いしてきそうだ。

⑰モズアスコット
前走はかなり強気の競馬でロスが非常に多かった。
瞬発力に優れているので、今回は得意のパターンになる可能性が高い。
勝負気配についても、この馬は安田記念を意識しているはず。
ここで負ければ後は3月末のダービー卿CTしか無い。
マイラーズCと京王杯SCは前哨戦なので目一杯仕上げたくは無いだろう。
とくれば、間違いなくここに勝負をかけてきているはず。
前走4着からメンバーのレベルはダウン。
ただし、またも外枠なことはマイナス材料で、評価を落とさざるを得ない。


微妙な馬
⑧ヒルノデイバロー
鋭い脚がないので実力的に疑問が残るものの、展開が向く先行勢の中ではこの馬しかいない現状。
出足の鈍さを前半補って先行できれば、かなり粘る可能性がある。

⑫ディヴァインコード
展開は有利だが、瞬発力勝負に弱すぎる。
これだと差し馬に負けてしまう可能性もかなりあるため、押さえ以上の評価にはならない。


買いたくない馬
⑬ダイアナヘイロー
展開は向くが、牝馬の調子落ちに加え、距離延長とマイナス要素ばかり。
調教でのコース追いは評価したいが、正直このレースに持ってくるとは思わなかった。
明らかに厩舎側の焦りが見えてくる。
さすがに選択ミスなのではないか。

⑮カラクレナイ
確かに前走で上位には来た。
ただ、展開を逆らってまで上位に来ることができる存在ではない。
今回は静観が妥当だろう。

⑭モーニン
さすがに人気になりすぎていると思われる。
前回は展開が向いても掲示板に載れていないのだから、今回はとても買えない。



結論・買い目

今回、あまりにもアポロノシンザンにプラス要素が揃いすぎているため、この馬から勝負するのが妥当だ。
駄目な場合は後方の馬が来ているということなので、内枠レッドファルクスの3着以内の可能性が高いと思われる。


ということで、買い目は、
馬単:⑯→⑥⑧⑫⑰、⑥⑰→⑯
複勝:⑥

となります。
当然、アポロノシンザン1着の馬単(特にヒルノデイバローとレッドファルクス)が中心となります。

このレースは自信度Cにするか迷いましたが、レッドファルクスの複勝の可能性は高いと考え、Bとします。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment