FC2ブログ

競馬予想 2018.3.11 第54回金鯱賞(GⅡ) 芝2000M

競馬予想 2018.3.11 第54回金鯱賞(GⅡ) 芝2000M



自信度:A



このレースは実質4頭立て。
展開が読みにくいが、結果が大きくぶれるとは思えない。
それでは、展開を見ていきたい。



展開

とにかく少頭数の上に逃げ馬がいない。
スタートも上手ではない馬ばかりで予想しにくいが、サトノノブレスが行きそうだ。
ひょっとすると距離延長のダッシングブレイズの可能性も残る。
隊列は以下の通り。


逃げ:④サトノノブレス
先行:⑥ダッシングブレイズ、⑤サトノダイヤモンド
中段:①ヤマカツエース、②メートルダール、⑨スワーヴリチャード
差し:⑦デニムアンドルビー、③ブレスジャーニー
追込:⑧アクションスター


道中は極端なスローペースの可能性が高い。
恐らく直線に入るまでは隊列はそのまま。
つまり、瞬発力があり長い脚を持っている馬でなければ勝負は厳しい。
そういう意味でも、サトノダイヤモンド、ヤマカツエース、スワーヴリチャード、メートルダールの4頭の争いになる可能性が高い。


実力

買いたい馬
⑨スワーヴリチャード
この中に入ると実力は完全に抜けている。
ただでさえ上位なのに左回りの瞬発力勝負という得意分野なら、3着以下は到底考えられない。
これで内枠なら完璧だったのだが、大外枠な点だけが懸念材料となるが、有馬記念で掛かってもあの実力なので、心配していない。


まだ買いたい馬
②メートルダール
この馬はとにかく瞬発力が秀逸で安定感も抜群。
少頭数でスローペース濃厚なのはこの馬に有利。
しかも、大阪杯を見据えて得意条件での出走で勝負気配も強い。
新潟大賞典では風が強くバランスを崩して3着だったが、中日新聞杯では前残りでもきっちり差した。
条件が全て揃っていることを考えれば、間違いなく上位争いになるはずだ。


微妙な馬
⑤サトノダイヤモンド
とりあえず、凱旋門賞帰りの初戦一覧を下に示す。

JC組
2006 ディープインパクト  3着 ジャパンC 1着
2008 メイショウサムソン 10着 ジャパンC 6着
2010 ナカヤマフェスタ   2着 ジャパンC14着
2010 ヴィクトワールピサ  7着 ジャパンC 1着
2012 オルフェーヴル    2着 ジャパンC 2着
2014 ハープスター     6着 ジャパンC 5着
2014 ジャスタウェイ    8着 ジャパンC 2着
有馬記念組
2004 タップダンスシチー 17着 有馬記念  2着
2013 オルフェーヴル    2着 有馬記念  1着
2014 ゴールドシップ   14着 有馬記念  3着
越年組
2011 ヒルノダムール   10着 京都記念  3着
2013 キズナ        4着 大阪杯   1着
2016 マカヒキ      14着 京都記念  3着

2017 サトノダイヤモンド 15着
2017 サトノノブレス   16着

これを見る限り、凱旋門賞に遠征した馬は確かに強いのだが、大敗している馬は、国内に帰っても厳しい。
帰国後の成績は、全体では【4,3,3,3】で連対率54%なのに対し、2桁着順馬は【0,1,3,1】で連対率20%と激減し、1着も皆無。
海外で全く通用しなかった馬は、実力が衰えているか、体調を崩した可能性が高いのだ。
事実、タップダンスシチーもマカヒキも、体調を崩したことを認めている。
今回、オルフェーヴルではJCや有馬記念を走ってきた厩舎なのに越年するということは、より体調面での懸念が強い。
当然、軸にはできない馬となる。

実力的にも、有馬記念でサトノノブレスのアシストがあってキタサンブラックと同タイム。
スワーヴリチャードの有馬記念は自身が外枠、掛かり気味、右回りというマイナス材料の上に、前有利の展開でキタサンブラックと0秒2差。
これを考慮すれば、この馬の本来の実力にも疑問を常々感じている。
凱旋門賞の回顧にも記載したとおりだ。
持ち人気のある馬なので、今回はそれを上手く利用したいところ。

①ヤマカツエース
有馬記念の内容が非常に悪い。
スローペースを内枠で先行と完全に好走パターンなのに大敗はいただけない。
どうも、近走のレースを見る限り掛かり癖が強くなってきており、最後のキレが鈍ってきている印象だ。
今回も当然、同様の展開になるので信用できない。
スワーヴリチャードに完全に劣っていて外したい位だが、他の馬との比較で切れない馬になっている。
そもそも、3年連続で実力を維持すること自体に難しさが存在する。
だからこそ3連覇は2000年以降5頭しかいない記録であり、単勝となるとさらに難しいと言わざるを得ない。


買いたくない馬
⑦デニムアンドルビー
瞬発力は一流ではなくなっている。
さすがに買える馬ではない。

③ブレスジャーニー
有馬記念の内容を見る限り、ここで上位に通用する馬ではない。
当然、静観が妥当だ。



結論・買い目

このレースは軸がはっきりしているので賭けやすいレース。
しかも相手も実質3頭で、そのうちの2頭が持ち人気はあるものの調子落ち。
つまり、必ず勝負しなければならないレースだ。

ということで、買い目は、
馬単:⑨→①②⑤、②→⑨
となります。

確率的には、⑨→②60%、⑨→⑤20%、⑨→①10%、②→⑨10%と考えています。
また、三連単は、50%以上の確率で⑨→②→⑤だと考えています。
今年初めての自信度Aなので、しっかりと当てておきたいです。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment