FC2ブログ

レース回顧 2018.3.17 第32回ファルコンS(GⅢ) 芝1200M

2018.3.17 第32回ファルコンS(GⅢ)の回顧をしようと思う。

本命が出遅れたこともあるかもしれないが、完全に外してしまった。
とりあえず、展開を振り返りたい。



展開

スタート後、ダノンスマッシュが出遅れ。
そして、あまりにもすんなりとモズスーパーフレアが先頭。
先行争いも全くおきず、結果的に完全に単騎の流れに。

アンブロジオ、タイセイプライド、アサクサゲンキ、ミスターメロディ、そしてダークリパルサー。
全て好位に収まってしまい、掛かり気味なのに抑える展開に。
モズスーパーフレアの序盤のダッシュがありすぎて隊列が早く決まりすぎたのだ。

前半の800Mは46秒6だったが、2番手以降は47秒台中盤だったので、当然早くないペース。
思っていた流れとは全く逆で、当然馬券はこの時点で全く外れてしまったと悟った。

しかも、直線が長いからか、全体的に仕掛けも遅い。
モズスーパーフレアが粘る中、先行勢も軒並み粘る。
後方勢のテンクウやダノンスマッシュは追い込みきれない。

結局、前半の貯金を守った、ミスターメロディにアサクサゲンキ、アンブロジオが粘って上位を独占。
差し馬の中では唯一フロンティアが頑張ったとは思うが、完全に前残りの決着だった。
時計も決して早くなく、明らかにレースレベルが低いレースだった。



気になった馬

◎ミスターメロディ
はっきり言って、この馬を含め上位の馬は全て強さを全く感じなかった。
展開利を最大限に活かしただけの競馬といった印象。

◎ダノンスマッシュ
出遅れた上に緩いペースに巻き込まれて万事休す。
この程度で上位に上がって来れないと言うことは、やはり弱いと言うこと。

◎テンクウ
ダノンスマッシュと同様。
展開が向かなかったのは確かだが、正直あまりにもだらしないレースだった。



結論・馬券

自信度Cにして申し訳ない位、あまりにも大きく外してしまった。
それにしても最初の600Mでもう楽しめなくなる位の買い目を推奨してしまった。
自信度Dにしておけばよかったかもしれない、と後悔している。

また、このレースは今後の参考にもあまりならないレースだった。
もし、上位入線馬が人気になるようだと、ラッキーだと思って逆らいたい。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment