FC2ブログ

競馬予想 2018.5.13 第13回ヴィクトリアマイル(GⅠ) 芝1600M

競馬予想 2018.5.13 第13回ヴィクトリアマイル(GⅠ) 芝1600M



自信度:C



今週は落ち着いて久しぶりに予想の時間が取れたので、じっくりと考察できた。
それだけに、馬券も当たって欲しいところ。
メンバーは非常に豪華だが、それだけにいい意味で混戦なので判断が難しい。

また、どう見ても強い3歳世代の再激突感がありありと出ている。
確かに、アドマイヤリードやレッツゴードンキ、デンコウアンジュはいる。
が、カワキタエンカ、アエロリット、ソウルスターリング、レーヌミノル、リスグラシュー、ミスパンテール、ラビットラン。
GⅠ馬ではないカワキタエンカ、リスグラシュー、ミスパンテールはそれぞれ重賞馬となった。
昨年の牝馬三冠レースを賑わせたこれらのメンバーを見る限り、完全に世代交代した感がある。

それでは、展開を見ていく。



展開

ざっと見た感じ、カワキタエンカの単騎逃げに見える。
そうなれば、スローペースになりそうな気もするが、私はどうしてもそう思えない。
隊列は以下の通り。


逃げ:⑦カワキタエンカ、⑩アエロリット
先行:⑤レーヌミノル、⑥レッドアヴァンセ、⑭リエノテソーロ
中段:②ミスパンテール、④ジュールポレール、⑧クインズミラーグロ、⑫エテルナミノル、⑯リスグラシュー
差し:①レッツゴードンキ、⑨ソウルスターリング、⑮デアレガーロ、⑰デンコウアンジュ、⑱メイズオブオナー
追込:③ラビットラン、⑪アドマイヤリード、⑬ワントゥワン



そこで、今回人気なのがミスパンテールだが、この馬は完全に瞬発力型の馬。
この馬に、カワキタエンカやアエロリットの先行勢がどう打ち勝つ作戦を立てているかだ。

持続力勝負を望むこれらの馬の答えは単純、道中のペースを上げるの1点だ。

スローだと切れ負けする可能性が高いカワキタエンカは、ミドルペースの選択。
少し離して逃げたいところだろう。
アエロリットも同様の考え方だし、得意の持続力勝負に持ち込みたい。
ということは、カワキタエンカのペースがスローなら外から交わしてペースを上げるだろう。
逆に言えば、この馬はスローで抑えられる馬ではない。
道中はペースが上がる可能性が高い。
桜花賞やNHKマイルC、秋華賞の再現ということだ。

恐らく1000M通過が57秒台後半~58秒台前半程度の流れになるだろう。
このペースでも、アエロリットにしてみれば、まだ残れる流れ。
仮に1000Mを58秒だとして、後半3Fを34秒5でまとめれば1分32秒5。
NHKマイルCで勝ったアエロリットにしてみれば走破可能だからだ。

ここで助かってくるのが折り合い難のソウルスターリングとデアレガーロ。
逆にミスパンテールは、最近このペースでは走っていない上に、時計が無い。
ペースに戸惑ってしまうと見ている。

直線に入ると、持ち時計があり、ハイペースを好む面々の我慢比べの様相。
アエロリットは前々で相当粘ってくるだろう。
ただし、アエロリットは人気なのでマークされるし、スタートが普通ならリスグラシューの早仕掛け。
意識は当然前だ。
つまり、後ろの馬に展開利の可能性が高い。
後方からは、ソウルスターリング、デアレガーロ、デンコウアンジュ、アドマイヤリード。
そして得意の展開になったラビットラン。

最後のゴール前はかなりの混戦が予想され、面白いレースとなってきそうだ。



実力

買いたい馬
⑯リスグラシュー
ハイペースで推移した桜花賞、ローズS、秋華賞全てで好レースを展開。
持続力があるタイプで今回の展開もコースも歓迎。
近走は体重が増加しているせいか、瞬発力にも進境を見せていることから、仮にスロー気味になっても勝負できる。
しかも、ここに来て恵みの雨。
外枠が唯一の難点なのだが、距離が短いことを思えばまだマシなほう。
ただし、気性的な問題があるため、当日のパドックには要注意だ。


まだ買いたい馬
⑤レーヌミノル
いつも一生懸命なこの馬に、距離延長は正直厳しい。
しかし、Fレビュー→桜花賞もそのパターンだし、マイルCSと高松宮記念では牡馬相手に好走している。
高松宮記念に至っては、外枠で好発後差しで折り合いに専念し、直線で大外から追い込む味のある騎乗で僅差の競馬。
今回はメンバー弱化といえるし、先ほど挙げたGⅠや桜花賞が我慢比べだったことを思えば、このレースでは計算が立つ。
最後に34秒台後半の脚が毎回使えるので、本来の先行策で上位争いも十分に可能なのではないか。

⑰デンコウアンジュ
強い馬で持続力があるため東京向きなのだが、速い脚が無い点が致命的。
前々走を見る限り、リスグラシューと比較すればどうしても劣る。
でも、ここに来て雨予報は完全に運が向いている。
昨年も道中は他の上位馬に比べてロスが多すぎたのに2着で、一番強い競馬。
買うとすれば持続力勝負のこのレースになるのではないか。


微妙な馬
⑪アドマイヤリード
前走が不満。
たたき2走目で展開有利だったにもかかわらず、リスグラシューに負けていては、このレースでは上位で戦えない。
クイーンSを見ても、どうやらハイペースの持続力勝負は苦手の印象がある。
そもそも、去年は経済コースを回って距離を得した面もあった。
今回は外枠で内が開くことは無いと思われ、せいぜい押さえ評価となる。

⑮デアレガーロ
前走、前々走が優秀。
前々走で時計面に目処を立てた一方で、前走はスローの展開を折り合い難で後方からだったのに、いい瞬発力で僅差2着。
今回ペースが速くなるのは当然、大歓迎。
ただ、雨を経験していないし、スタミナ勝負は分が悪いだろう。
この馬もテンションが鍵のため、当日のパドックには要注意だ。

⑩アエロリット
NHKマイルCやクイーンSを見る限り、ハイペースの持続力勝負が得意。
全く仕上げてこなかった中山記念でさえも豪華メンバー相手に2着。
ただ、やはり道中は抑えがきかないので、雨だとスタミナのロスが大きくなる欠点がある。
秋華賞でもカワキタエンカに負けている。
良馬場なら大丈夫だが、雨だと不安が先行する。
展開的にも不安が残る。

⑨ソウルスターリング
この馬は全く成長が見られないので、相対的に評価が下がる。
しかも、折り合い面でも問題がある。
それは今回の展開では解消される可能性があるのは好材料。
また、前走を見る限り精神的な面も前向きになっているかどうか気になる。
雨も重なって、とても強気に行けない。
余談だが、ツキも気になるところ。
レイデオロ、タワーオブロンドンと肝心なレースで大敗続き。
やはり、この流れに乗りたくはない。


買いたくない馬
③ラビットラン
この馬は精神的な問題を抱えている。
前走を見る限り、まだ末脚勝負できるだけの状態にはなっていないと見る。

⑦カワキタエンカ
強い馬だが、さすがに展開的に厳しい。
アエロリットが邪魔で、今回は静観妥当に映る。

②ミスパンテール
結果を出しているレースが極端にスローペースのレースばかり。
持続力が試される展開では今まで結果を出していない点は気がかり。
スローペースのレースでも、他の馬に比べて抜けた印象は全く無かった。
ここまで人気になる馬ではないと考えている。
また、この馬は4連勝中。
牝馬の連勝はそこまで長くは続かない。

⑭リエノテソーロ
ここでも通用する力はあるが、持続力がもうひとつ。
どちらかと言えば直線の短いコースが得意な印象。
勿論、精神的な問題も抱えているため、静観が妥当だろう。

①レッツゴードンキ
1200Mを走った後の400M延長がいかにこの馬に厳しいかは去年明らかになっている。
今年も敢えて買おうとはとても思えない。



結論・買い目

混戦だが、リスグラシューが上位争いできるという計算は立てられるレース。
それを考慮して馬券を組み立てたい。


ということで、買い目は、
三連複:⑯-⑤⑨⑩⑪⑮⑰
複勝:⑯
となります。



デンコウアンジュ、レーヌミノル、デアレガーロは上位争いする可能性が高いと考えます。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment