FC2ブログ

競馬予想 2018.5.27 第85回日本ダービー(GⅠ) 芝2400M

競馬予想 2018.5.27 第85回日本ダービー(GⅠ) 芝2400M



自信度:A



※事前競馬予想と併せて読んでいただければ幸いです。
いつもと違い1週間前に予想を公開したが、この1週間で考え方は大きく変わらなかった。
やはり、荒れるレースになる可能性が高いと考えている。
それでは、展開を見ていく。




展開

前に行きそうなジェネラーレウーノ、エポカドーロ、サンリヴァルが軒並み外枠になったことで、展開の選択肢が増えた印象だ。
しかし、大きく変わることはないと思われる。
ジェネラーレウーノが行くか、エポカドーロが行くかの2択だろう。
隊列は以下の通り。


逃げ:⑫エポカドーロ、⑯ジェネラーレウーノ
先行:⑩ステイフーリッシュ、⑪ジャンダルム、⑭エタリオウ、⑱サンリヴァル
中段:①ダノンプレミアム、④アドマイヤアルバ、⑦コズミックフォース、⑧ブラストワンピース、⑨オウケンムーン
差し:⑥ゴーフォザサミット、⑬グレイル、⑮ステルヴィオ、⑰ワグネリアン
追込:②タイムフライヤー、③テーオーエナジー、⑤キタノコマンドール


道中はミドルペース。
アポカドーロは先頭に行った後にジェネラーレウーノに被せられるより、最初に行ってもらったほうがいいと考えている節が感じられる。
ジェネラーレウーノは気性的にスピードのコントロールをしすぎると難しい馬なので、先頭の可能性のほうが高いと思われる。
持続力勝負に持ち込みたいので、1000M1分前後の逃げだろう。
エポカドーロが離れた2番手で1分1秒ペース。

ただ、ここで注意したいのが土曜日の馬場の傾向だ。
好走した馬は、逃げ馬又は内を捌いた差し馬の2パターンに、極端に偏っている点だ。
こうなると外枠の馬は差しに構えづらくなるので、先行して位置を取りに行くか追い込むかの2択になってしまう。
隊列にも書いたとおり、逃げ先行に行きそうな馬は軒並み外枠。
つまり、想定より速いペースになる可能性を考慮する必要が出てきたということだ。

一概に先行馬だけが有利な展開になる可能性が低くなったように感じる。
逆に言えば、内を捌ける器用さのある追い込み馬にチャンスが出てきたように感じている。



実力

買いたい馬
⑧ブラストワンピース
やはり、何度考えても実力的にこの馬しか考えられない。
実力、調子、展開、勝負気配、距離、気性、馬場、そして枠順。
何一つ不安要素がないのはこの馬だけ。
スムーズに抜け出したレースがない点がここでは強みに変貌する。
確実に上位争いできるはずだ。


まだ買いたい馬
⑬グレイル
皐月賞は、非常に雑な競馬だったのに6着。
確かにダービーでそれが解消されるかと言われれば疑問だが、逆にその課題を抱えたままでも上位争いの可能性が高い。
そうなればやはり買うタイミングはこのレースになると考える。
もう少し内枠ならよかったが、他の有力馬より内のここならまだ買えなくはないだろう。

微妙な馬
⑯ジェネラーレウーノ
やはり、気性的な課題に加え、スピード面での疑問は残る。
ただし、課題としていた調子面もエポカドーロよりは大丈夫に映る。
展開的には非常に向くため、最後まで上位争いしそうだ。

⑫エポカドーロ
実力を考えると買いたいところだが、最後の調教の内容がいただけない。
皐月賞に全力だったことが明らかで、調子面に対する疑いが強まった。
しかも、外枠にジェネラーレウーノが来たことで、中途半端なタイミングで被せられる危険性が増した。
総合的に考えれば、判断の難しい馬になってしまった。


買いたくない馬
⑤キタノコマンドール
スタートが悪いのであの競馬しかできない。
そう書いた理由の追加として、あのデムーロ騎手が皐月賞で1コーナーまでに無理矢理一番外まで出した点だ。
一度も馬群の中での競馬を経験していない点に、この馬の「癖」があるのではと穿った見方をしてしまう。
馬群の中が苦手な点、器用さがない点、加速までに時間がかかる点の3点が考えられる。
今回は内枠になったことで、今までのと同様で行けば外からの追い込みしか選択肢がない。
それだと勝てないので、どういう競馬で行くのか。
ある意味で一番興味深い馬になっているのは確かだが、初めて内から捌く競馬をし上手くいった場合のみ、上位争いが可能になるだろう。
つまり、前記の3点の全てを乗り越える必要があるわけで、課題は満載だ。
デムーロ騎手の手腕に注目と言ったところ。
ただ、個人的には割に合う馬とは思っていない。

①ダノンプレミアム
個人的には、初めての2400Mでこの人気は異常に思える。
調教を見る限り、折り合いの課題が解消されていないことは確認できた。
枠順だけでさらに人気が上がっていることも、割の合わなさに拍車をかける。
やはり、今回は外れる可能性が非常に高いと考えている。

⑮ステルヴィオ
スタートが悪く、あまりレースでいい位置を取れない馬が、外の奇数枠。
しかも、今回はある程度の位置を取りに行くことを示唆している。
最後までいい脚を使えない点を考慮すれば、やはり善戦止まりではないか。

⑰ワグネリアン
繰り返すが、なぜこれだけ人気なのか不明。
皐月賞でもばっさりと切ったが、今回も実力や展開、枠順など様々な面で買えない要素がある。
当然、静観が妥当だ。



結論・買い目

先週時点からエポカドーロの評価が下がって実質1点になってしまった。
ブラストワンピースの上位争いは間違いないので、そこは強気にいきたいところ。


ということで、買い目は、
馬連:⑧-⑬
ワイド:⑧-⑬
複勝:⑧
となります。

複勝は確実のため、自信度Aは変更せずにいこうと思います。
ダノンプレミアムは外れると思っているため、複勝でも2.5倍程度はつくと考えています。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment