FC2ブログ

競馬予想 2018.5.27 第132回目黒記念(GⅡ) 芝2500M

競馬予想 2018.5.27 第132回目黒記念(GⅡ) 芝2500M



自信度:C



実力に比べて軽いハンデで勝ち星を重ねた馬が軒並み重量増。
逆に、実力がさほど変わらないの馬でも重量据え置きまたは減の馬がいる状況。
どこからどう見ても、波乱の要素が満載のレースだ。
それでは、展開を見ていく。



展開

前走逃げたのがウインテンダネスとハッピーモーメントの2頭。
ただ、ハッピーモーメントの前走は瞬発力勝負を嫌って逃げた可能性が高い。
つまり、今回は単騎逃げが濃厚だ。
隊列は以下の通り。


逃げ:③ウインテンダネス
先行:④ノーブルマーズ、⑥ヴォージュ、⑦ハッピーモーメント、⑪ソールインパクト
中段:②ゼーヴィント、⑤サウンズオブアース、⑧パフォーマプロミス、⑮リッジマン
差し:⑨ブライトバローズ、⑩チェスナットコート、⑬ユウキチョウサン、⑭フェイムゲーム、⑯ポポテカペトル
追込:①ホウオウドリーム、⑫トウシンモンステラ


道中はスローペースが濃厚。
というのも、人気馬がとにかく中段以降から瞬発力勝負をしたい馬ばかりだからだ。
チェスナットコート、パフォーマプロミス、フェイムゲーム、ゼーヴィント、そしてサウンズオブアース。
逆に持続力勝負をしたい馬はポポカテペトルとソールインパクトとなるが、どちらも前を急がせるタイプではない。
つまり、どの馬も中段以降でじっとしながらのにらみ合いだろう。
序盤の1000Mは1分2秒台での推移と読む。

となれば、当然人気薄ばかりの前の組が非常に有利になる。
ウインテンダネスは展開的に絶好な展開。
勝負所より少し前にハッピーモーメントやソールインパクトといった持続力勝負の先行勢が仕掛けて直線へ。

前は当然相当粘る。
前走捲られたことで結果的に不利になったハッピーモーメントも粘ってくるだろう。
後方からもある程度はやってくると思うが、斤量を増やした馬ばかり。
元々ハンデ戦は前の粘りが増すレースなので、前が有利なのだが、それに拍車が掛かる。
人気薄の前の馬を狙うのが鉄則になるレースなのではないか。



実力

買いたい馬
③ウインテンダネス
前走が秀逸。
道中のペース、上がり3F、総合的なタイム全てここでも全く見劣らない。
人気が無いので展開が向くし、斤量も据え置き。
唯一出走間隔が詰まっている調子面が気になるが、実力面に加えて展開があまりにも向くため、抜擢する。


まだ買いたい馬
⑦ハッピーモーメント
広い東京コースは得意の印象だし、今回も簡単に前にいけそうなメンバー。
前走のような捲りで展開的に難しくなる可能性は低い。
この馬の持続力と斤量、前走の上がり3Fを考えれば、好走は必至と考える。

④ノーブルマーズ
前走は器用な競馬で2着なので、上がり目は欠ける。
ただ、斤量減な上に枠順、展開も向く。
この馬の瞬発力なら、上位争いになるのではないか。


微妙な馬
⑪ソールインパクト
ダイヤモンドSは展開が向かなかったが、それでも粘った。
この馬は展開よりも淀みの無い展開になるかどうかが重要だ。
今回は前にいけそうなメンバーで展開も向く。
ただし、外を回さないといけない点に加え、今回はスローペースが濃厚。
少しでも瞬発力勝負になると分が悪いので、積極的に買える馬ではない。
他の先行勢に追い負けるのではないか。

⑭フェイムゲーム
折り合い難で前に馬を入れたい馬が外枠。
しかも、気性的に後方待機が確実で、前走に比べ展開も向かない。
斤量的にも重くなり、マイナス面ばかりが目に付く現状。
ただ、今までの斤量と着差を考慮すれば当然通用する可能性はある。
余談だが、この馬は3レース連続で好走したことは無い。


買いたくない馬
②ゼーヴィント
昨年の七夕賞で底が見えた印象が強い。
あれだけ他のクラブ馬にサポートしてもらってようやく勝利はいただけない。
瞬発力とスピードがあまり無く、どちらかと言えば持続力勝負が強い馬だと考えている。
ただし、肝心の競馬振りからはそれは強く窺えないため、陣営はそう思ってはいないのだろう。
今回も中段のインから抜け出そうとするだろうが、この斤量で好位勢よりスピードに勝るとは思えない。
先行した場合のみ、わずかに好走の可能性が残る。

⑨ブライトバローズ
実力に比べて斤量面で恩恵を受けている。
しかし、調子面と展開面に課題を残している。
積極的に買える馬ではない。

⑤サウンズオブアース
瞬発力勝負ならこの馬なのだが、昨年から調子が上がらない。
展開の向かないことが確実で、静観妥当と判断する。

⑧パフォーマプロミス
正直、前走は展開や斤量面で恩恵がありすぎた。
今回はそういった面が全て逆に傾くし、似たような実力の馬も沢山存在する。
当然、割に合わない馬になる。



結論・買い目

とにかく人気馬が軒並み展開が向かない印象で、実力が伴う人気薄の馬に展開が向く可能性が高いレース。
当然、ハンデ戦ということも踏まえ、展開が向く馬の中から穴を狙っていきたい。


ということで、買い目は、
馬連:③④⑦BOX
ワイド:③④⑦BOX
となります。


世間では大穴扱いかもしれませんが、実力・調子・展開を素直に考えればこの結論に行き着いてしまいます。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment