FC2ブログ

競馬予想 2018.10.14 第23回秋華賞(GⅠ) 芝2000M

競馬予想 2018.10.14 第23回秋華賞(GⅠ) 芝2000M



自信度:C



PCで書けない状況が続き、14時過ぎに復旧。
更新できずに申し訳ありません。
仕方がないので、簡潔に記載します。
それでは、展開を見ていきたい。



展開

逃げるのはおそらくミッキーチャーム。
ペースもある程度流れてきそうだ、というのも人気馬に勝とうとすれば前に行く選択肢しかない。
また、前に行く馬は癖がある馬が多い(カンタービレ、ミッキーチャーム等)ため、スローは考えづらい。

もうひとつ特筆したいのは、前に行きたい馬同士が同じ厩舎や馬主で、その組み合わせがいくつも存在している点だ。
そうなると、同一の作戦を選択する傾向があるため、さらに沢山の馬が前に行く可能性を助長してしまう。

つまり、今回は時計勝負になる可能性が高く、実力重視で馬を選びたいところ。




実力

買いたい馬
⑪アーモンドアイ
間違いなく強い馬だが、今回は展開も向く可能性が高い。
つまり、不動の軸となってくる。


まだ買いたい馬
⑦ラッキーライラック
やはり、掛かり気味でも3着だったオークスを見る限り、実力は抜けている。
今回はある程度流れることや距離短縮も好材料で、普通に考えれば3着以内は堅い。


微妙な馬
⑤サラキア
スローペースの前走でも強引な競馬で2着。
元々時計勝負が得意な馬なので、展開の向く今回は確実に上位争いするのでないか。


買いたくない馬
②カンタービレ
前走は完全に展開が向いた。
今まで展開が向いたときしか上位に来ていないことから、流れが激しくなる今回は厳しい。
ここまで人気になるのに違和感しかない。

⑬ミッキーチャーム
確かに時計的に好走の余地は残る。
ただ、今回は自分の競馬ができないのではないか。
そうなったときに気性の課題が顔を出す可能性が高く、どうしても買う気にはなれない。

⑯プリモシーン
実力は認めるところだが、牝馬の距離延長は簡単ではない。
特に、この馬は掛かり癖があるため、最後まで脚を残せるかといえば、不安が先行してしまう。



結論・買い目

配当面は期待できないが、ここは我慢が必要なレースと考えている。
点数を絞って勝負していきたい。


ということで、買い目は、
馬連:⑪-⑤⑦
となります。

パドックの気配しだいでワイドに変更する可能性があります。
よろしくお願いします。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment