FC2ブログ

競馬予想 2018.11.11 第43回エリザベス女王杯(GⅠ) 芝2200M

競馬予想 2018.11.11 第43回エリザベス女王杯(GⅠ) 芝2200M



自信度:C



有力馬の人気が分かれて混戦模様。
しかし、それが軒並み外国人ジョッキーであることから、少しさびしい気もする。
ただ、それなりに癖のある馬ばかりなので、絞るのが難しい。
それでは、展開を見ていきたい。



展開

逃げる候補は2頭、プリメラアスールとクロコスミア。
クロコスミアが逃げ宣言しているが、争いは起きるだろうか。
隊列は以下のとおり。


逃げ:④プリメラアスール、⑨クロコスミア
先行:⑤レッドジェノヴァ、⑪スマートレイアー、⑭ワンブレスアウェイ、⑮エテルナミノル
中段:②フロンテアクイーン、⑧カンタービレ、⑫リスグラシュー、⑬ノームコア
差し:③レイホーロマンス、⑩ヴァフラーム、⑯コルコバード、⑰ミスパンテール
追込:①ハッピーユニバンス、⑥アドマイヤリード、⑦モズカッチャン


まず焦点になるのは、プリメラアスールとクロコスミアが先行争いするかどうかだろう。
プリミラアスールは前走先行策だったが、折り合いに問題はなかった。
クロコスミアは、昨年2番手から2着に入線している。
つまり、クロコスミアの逃げ宣言は有力馬の位置を後ろにするための作戦なのではないか。
昨年の惜敗からもう一歩前に進めるための選択肢が狭いことを思えば、今回のコメントは作戦と思えて仕方ない。
また、プリメラアスールも無理に逃げるよりもスローに持ち込みたいはずだ。
そのための先行策だったとも思えるのだ。

道中はスローペース。
そこで、ほかの有力馬が動くかどうかがポイントなのだが、その可能性があるのは2頭。
モズカッチャンとリスグラシュー。
リスグラシューは脚が長いことが持ち味の馬だが、今回は久しぶりの2000M以上という点を思えば、動けないのではないか。
それに対し、可能性があるのがモズカッチャン。
最近スタートが遅いのでおそらく後方からだが、留まっても勝てないと思えば動くだろう。
ただし、テンションが上がりやすい馬なので、騎手の判断も難しいところだ。

その後は、動くか動かないかで判断が変わってくるのだが、動かなければ当然前有利だ。
動いた場合は前がしんどくなるわけなので、後方待機組に利が出てくることになる。

最終的には、今回は大きい勝負は難しいのだが、基本的には前の組、保険で待機組という組み合わせになる。
ただし、瞬発力がない馬でなければ、上位は難しい。



実力

買いたい馬
⑨クロコスミア
今年に入って、苦手の道悪や展開が向かないレース続きなので弱くなったように思える。
しかし、ペースが速くなっても粘った前走を見る限り、実力に変化はない。
前半1000Mが59秒台で33秒8だった(昨年やや重で前半1分1秒9、上がり33秒7)わけなので、十分だろう。
リスグラシューと0秒5差だが、斤量は1キロ縮まるので、実質0秒3差。
前に飛ばす馬がおらず、マークが完全に外れてくる今回は、好戦必至だ。


まだ買いたい馬
②フロンテアクイーン
安定感が抜群。
最後に足が鈍る点が難点だが、先団の内でじっとしていれば、展開利が見込める可能性が高い。
前走ある程度のペースでも、先に抜け出して僅差の3着だったことを思えば、今回は条件が好転。



微妙な馬
⑤レッドジェノヴァ
前走のレベルが低かったので過剰評価は禁物。
しかし、一瞬の瞬発力が優れている点や脚を余して負けた点を思えば、買える余地は残る。
スタートがいい点もこの馬にはプラスになるだろう。

⑬ノームコア
前走は今までの印象とはまったく違う走りで、タイムも優秀。
しかし、前半折り合いに気をつけないといけない馬なので、初めてのGⅠが非常に気になる。
外枠で壁を作る必要があるのでポジションも後ろになりがち。
さらに、今回ルメールが勝つと5週連続。
さすがに、ギャンブル的な視点から言っても買うのが難しい馬になるため、軸には難しい。
それでも実力的には上位の可能性が残るため、この評価になる。

⑫リスグラシュー
まず、距離延長に心配な点が残る。
その上に、苦手となるスローの瞬発力勝負が濃厚。
そのためのマイル転向だったにもかかわらず、なぜこのレースなのか。
前走がペース的に流れてしまったので、スローのレースは久しぶりになってしまう。
強いのは認めるものの、ちぐはぐなレース選択の影響が出そうな気がして仕方ない。

⑦モズカッチャン
実力的には一番かもしれない。
しかし、最近スタートが非常に悪いだけに、道中難しい選択を迫られてしまう。
じっと待っても内の馬場が悪く抜け出せるかも不透明、動いても他の馬との追い比べで劣勢を迫られる。
昨年これ以上ない展開で僅差、しかも今回2キロ増。
すべてがマイナスに転がることを思えば、押さえ以上にはならない。


買いたくない馬
⑧カンタービレ
正直に言って、ほとんど可能性はないと見ている。
というのも、ローズSでマイナス体重で入った後に、GⅠを走っている。
牝馬は体調を長続きさせるのが難しい中で、ここまで一杯だと、まず体調を疑ってしまう。
また、やはり折り合いに気をつけないといけない馬が、スローペースで距離延長は気になる点。
ほかの馬に比べて瞬発力で優れているとも思えず、2着はしんどいと見ている。



結論・買い目

正直に、一長一短の馬が多いレースなので、人気薄で勝負する。
しかし、大きな勝負は禁物だ。


ということで、買い目は、
馬連:⑨-②⑤⑦⑫⑬
となります。


よろしくお願いします。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment