FC2ブログ

競馬予想 2018.11.18 第35回マイルCS(GⅠ) 芝1600M

競馬予想 2018.11.18 第35回マイルCS(GⅠ) 芝1600M



自信度:B



オッズにも現れているが、とにかく混戦で絞りにくい一戦。
こういうときは展開の読みが一番重要になってくる。
それでは、展開を見ていく。



展開

見ている限り、何が何でもという馬がいない。
隊列は以下の通り。


逃げ:⑮アエロリット
先行:③アルアイン、⑥ジュールポレール、⑦ロジクライ、⑨ウインブライト、⑫レーヌミノル、⑬レッドアヴァンセ
中段:⑧モズアスコット、⑪ジャンダルム、⑭エアスピネル、⑯カツジ
差し:①ステルヴィオ、⑤ヒーズインラブ、⑩ミッキーグローリー
追込:②ペルシアンナイト、④ブラックムーン、⑰ケイアイノーテック

前に行きそうなレーヌミノルは距離延長な上に前走逃げで失敗している。
アエロリットやロジクライは折り合いに難を抱えているので抑えながらになるだろう。
それ以外の先行馬もそこまで前にこだわらない馬ばかり。
つまり。「先行したいが逃げたくない」馬ばかりなのだ。
これではペースが上がる可能性は低いだろう。
しかも、モズアスコット、ペルシアンナイトやステルヴィオなどの後方待機勢が人気かつ外国人騎手。
さすがにそこを意識すれば、自ずとペースは速くなってこないのではないか。
それでも、アエロリットの前半800Mが48秒台になることは無いので、47秒台前半程度のペース。

スローでもないので、後方待機の馬は当然動きにくいし、そもそも回りに警戒する馬がたくさんという状況。
馬群は動かないまま進むだろう。

そして仕掛けどころ。
ポイントとなってくるのは、誰がアエロリットに対して仕掛けていくのかと言う点だ。
人気と実力を加味すれば、候補は2頭、アルアインとロジクライということになる。
しかし、アルアインは同一馬主で潰しに行くようなことはしない。
つまり、つぶしにいく可能性があるのはロジクライ1頭ということになる。

アエロリットにすれば、ロジクライは内の7番枠。
ロジクライが前に行くなら、この馬の外に位置してくるはずだ。
逆にアエロリットが前に行けば、内にいる上に人気上位のアルアインが動かないのでロジクライも動きにくい。
後方にもたくさん有力馬が存在している。
つまり、こういった展開の事情を考慮すれば、断然前有利となってくるはずだ。

とすれば、先行馬同士の叩き合いの可能性が高くなって内のスペースに余裕がなくなってくる。
ステルヴィオやペルシアンナイトが抜け出すのには苦労がいるだろうし、外に回してもでも相当な脚が必要になる。

そうなると、狙い目は、早く仕掛ける必要のない人気薄の先行馬ということになる。



実力

買いたい馬
⑮アエロリット
折り合い難だが粘りが驚異的な上に、時計も持っている。
ただ、不安要素が2点、重馬場と徹底マークの危険性。
事実、連対しなかった桜花賞、秋華賞、ヴィクトリアマイルには少なくとも1つが該当している。
今回雨予報が消えたことで馬場の不安が解消、展開と人気の関係でマークも分散される。
となれば、自然とこの馬が本命となる。
気性的に暴走すればハイペースで潰れて後方勢となるだろうが、そうなったらもう仕方ない。


まだ買いたい馬
⑥ジュールポレール
ヴィクトリアマイルは確かに馬場がハマった可能性が高い。
しかし、2年連続で好走しているし、斤量と展開の割には前走の内容も良かった。
安田記念とヴィクトリアマイルのレベルは馬場を考慮すれば互角。
展開を考えれば、当然押さえる馬になる。

⑦ロジクライ
前走は窮屈な展開にならなかった上にマイペースで走れたので粘りに繋がった。
今回それができれば確実に上位争いだが、不安定感は残る。
実力は認めるものの、自分からアエロリットを潰さないといけない立場。
となれば、この評価以上は難しい。

⑬レッドアヴァンセ
ヴィクトリアマイルもさることながら、前走も秀逸。
経済コースを通ったロジクライに対しこの馬は終始一番外を追走。
それなのに最後堂々と追い上げ3着なのだから、一番強い競馬をしている。
今回外枠でなければ完全に対抗馬だったので残念だが、今回は先行の可能性が高い。
展開的にもまったく侮れない馬になる。


微妙な馬
⑧モズアスコット
確かに強い馬なのだが、折り合いに難を抱えるだけに安田記念でもずるずると後方に下がっている。
今回は速いペースとならない可能性が高いため、今まで通り道中で消耗の可能性を秘める。
安田記念は完璧なレースで他の上位と僅差だったので、それ以上の競馬をするのは難しい。
前走についても、ハナ差2着で目立たないが極端に弱いメンバー相手で時計も非常に悪かった。
騎手が上手いとはいえ、様々な点で不安を感じてしまう。

①ステルヴィオ
3歳の中ではこの馬。
展開は向かないし、いつも中途半端な着順だが、ペルシアンナイトより前に位置できる可能性が高い。
時計的にも勝負できるので、当然押さえる必要はある。

②ペルシアンナイト
末脚は一級品なのだが、どうしても位置取りが後方になってしまう。
邪魔されなかったら上位というコメントはよく聞くが、逆に言えばそういう位置取りしかできないのだ。
今回ペースが緩く先行勢が粘る可能性が高い中で抜け出せてこれるのか。
この不安定さがある限り軸にはできず、押さえ以上の評価はできない。

⑭エアスピネル
確かに一頓挫あったし去年は得意の馬場だった点も否定できない。
しかし、マイラーズCの走りを見る限り、ここでも上位の可能性は十分にあるはずだ。
一応、押さえる馬になる。

③アルアイン
この世代のクラシック上位馬は基本的にGⅠでは弱いと考えている。
瞬発力的にも一歩足りないこの馬が上位に入る可能性はかなり低いと見ている。
しかし、展開的に有利な面が残ることから、念のために押さえる。



買いたくない馬
⑰ケイアイノーテック
前走抑えずに行って失敗したことから、後方待機だろう。
そしてまさに、今回その作戦が裏目になる可能性が高い。
つまり、静観妥当となる。

⑩ミッキーグローリー
全体的に時計が速くなってくると、前半の位置取りの悪さを道中で挽回するタイプでは辛い。
前走も斤量面での恩恵を受けた結果とも言える内容。
後方のまま終わってしまうのではないか。

⑪ジャンダルム
一番評価が難しい馬。
今まで適距離を走ってこなかったので、実力の判断が難しい。
しかし、時計を持っていない上に瞬発力も微妙な点を考えると勝負する気にはなれない。



結論・買い目

相手が絞りきれず点数が増えてしまうが、配当が高いものもあるので勝負したい。
どうも牝馬を劣勢に捕らえがちなオッズになっているが、私は上位は互角と考えている。

ということで、買い目は、
馬連:⑮-①②③⑥⑦⑧⑬⑭
複勝:⑮
となります。

もしかすると、三連複等も買う可能性があります。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment