FC2ブログ

競馬予想 2018.12.2 第19回チャンピオンズC(GⅠ) ダ1800M

競馬予想 2018.12.2 第19回チャンピオンズC(GⅠ) ダ1800M



自信度:C



上位の実力が拮抗。
ということは、まず展開が読めないと的中できないレースだ。
それでは、展開を見ていきたい。



展開

逃げる馬を特定するのは難しいが、先行馬はちらほらいる。
隊列は以下のとおり。


逃げ:⑨サンライズソア
先行:①アンジュジデール、④アポロケンタッキー、⑧ケイティブレイブ、⑭ヒラボクラターシュ、⑮インカンテーション
中段:③パヴェル、⑥アスカノロマン、⑩センチュリオン
差し:②ルヴァンスレーヴ、⑦サンライズノヴァ、⑪オメガパヒューム、⑬ミツバ
追込:⑤ノンコノユメ、⑫ウェスタールンド


ここまで差し馬に有力馬が固まると、さすがに前に行きたいと思う馬は多い。
ただ、先頭に行きたいかといわれれば、それは別の話だ。
ケイティブレイブは前走の内容を思えば控えるだろう。
アポロケンタッキー、ヒラボクラターシュ、インカンテーションも行くとは思えない。
アメリカの馬は普段スパイク鉄を履いているため、それがない今回は思うように前にいけない。
ということは、アンジュジデールはサンライズソアということになるのだが、それでも競ることは無いだろう。
競らなくても実力を発揮できる馬だし、競れば競るほど、後ろの馬を有利にすることは皆分かっているからだ。

道中はミドルペース。
それでも、十分に前が残れるペースになってくるはずだ。

勝負どころで気になるのは、ケイティブレイブの動向になる。
前走は前にルメール騎乗の1番人気馬で、当然意識は前。
ルメール騎手はGⅠ連勝中でより意識が強かったはずだ。
ただし今回は自分の後ろに有力馬が固まり、前には前走負かしたサンライズソアのみ。
そうなれば、後ろに意識が引っ張られることは明白だ。
早めの仕掛けをすることができず、当然遅れる。
となれば、前が有利になることは明白で、基本的には先行馬から買わなければならないレースになりそうだ。



実力

買いたい馬
⑨サンライズソア
前走の内容が秀逸。
道中あれだけリズムを狂わされた上に、勝負どころでは早めにこられた。
普通の馬なら間違いなく着外だが、まさかの0秒3差で3着。
今回人気が下がり、ケイティブレイブの意識は後ろ。
休養明けプラス体重で出てきたにもかかわらず前走もプラス体重で、そんな馬はこの馬だけ。
実力、調子、展開が噛み合う馬は、この馬だけだ。


まだ買いたい馬
⑮インカンテーション
高齢馬にもかかわらず、好走を続けていて正直驚く。
フェブラリーSは度肝を抜かれたが、その後も非常にいいレース続き。
前走は試走で、今回は確実にマークが外れる。
展開的には絶好で、昨年の武蔵野Sに似たような展開になる今回は、実力的にも上位争いは必至だ。

②ルヴァンスレーヴ
前走は確かに強かった。
ただし、ずっとゴールドドリームの外側で蓋をしていた。
最後の脚は同じだっただけに、展開的に有利だった分の差だと判断している。
つまり、地方の砂が苦手なゴールドドリームとの力差はまだ分からない。
スタートが苦手なところは変わらないし、今回は展開的には前有利。
隙が出てくる今回、1着の可能性には疑問が残ってしまうが、上位争いは確実だろう。


微妙な馬
⑧ケイティブレイブ
中央で好走が難しいのは、速い脚を持っていないから。
前走は展開に恵まれた上に、後ろのメンバーも弱かった。
今回は速い脚が要求される展開の上に、仕掛けも難しくなる。
展開は向くが、軸にはできずこの評価になる。

⑦サンライズノヴァ
確かに非常にいい瞬発力と持続力を持っている馬。
ただ、展開にあまりにも左右される。
近走は実力的に落ちたメンバーとの対戦ばかりで、強く見えてしまう。
今回の展開は決していいとは思えずとても軸にできる馬ではない。


買いたくない馬
①アンジュデジール
展開的には有利。
ただ、このメンバーだと瞬発力が不足している。
上位争いはさすがに厳しいのではないか。

③パヴェル
展開の欄でも記載のとおり、アメリカの馬はスパイク鉄をはいている上に土を走っている。
つまり、極端に脚抜きが悪くなり力が要求されるのだ。
スタートがよくなく、いい位置が取れないことでリズムが崩れるシーンが容易に想像できる。
静観妥当だろう。

⑤ノンコノユメ
確かに実力はあるが、展開が向かないと苦しい馬。
根岸SにしてもフェブラリーSにしても展開が向いたことは確か。
それ以降は連に絡めていない。
ただ、前走は展開が向いたにも関わらず4着は不満。
外しか回れない癖がありロスが大きい競馬しかできない馬なのに、前有利の展開。
苦戦は必至だと判断する。

⑪オメガパヒューム
実力的に疑問。
前走は極端に恵まれ、確実に勝たなければいけなかったレース。
それで2着なのだから、展開が向かない上にルヴァンスレーヴのいる今回、さすがに厳しい。

⑫ウェスタールンド
鋭い脚を持っていることは確かだが、この展開で最後方から届くほどGⅠは甘くない。
今までと比べてペースも上がってくることから、上位進出は難しいのではないか。



結論・買い目

展開的に有利な馬に人気が無いことから、勝負には値するレース。
ただし、大きな勝負は禁物だ。


ということで、買い目は、

馬連:⑨-②⑧⑮
ワイド:⑨-②⑧⑮
三連複:⑨-②⑧⑮

となります。


よろしくお願いします。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment