FC2ブログ

競馬予想 2018.11.25 第25回香港ヴァーズ(GⅠ) 芝2400M

競馬予想 2018.11.25 第25回香港ヴァーズ(GⅠ) 芝2400M



自信度:C



ようやく楽しみな香港国際レースが始まった。
昨年も4レースの予想を書くのに時間がかかったが、今年も何とか書こうと思う。
このレースは一番多彩な国から来ていて興味深い一戦。
それでは、展開を見ていきたい。



展開

逃げるのは、日本のクロコスミアなるだろう。
隊列は以下のとおり。


逃げ:⑪クロコスミア
先行:②パキスタンスター、⑫エジーラ、⑭ロストボーヴィチ、⑤ミラージュダンサー
中段:⑦レッドヴァードン、③サルウィン、⑨リヴン、⑧プリンスオブアラン
差し:①ヴァルトガイスト、⑬ラトローブ、⑩リスグラシュー
追込:⑥イーグルウェイ、④エグザルタント


先行勢のうち、パキスタンスターやエジーラは折り合いに課題を抱える馬なので、そこまで前に行かないだろう。
ということは、ミラージュダンサーとロストボーヴィチの2頭が先行に構えそうだ。
こうして見てみても、明らかに先行争いが起きる要素がない。
つまりスローペースで、瞬発力勝負になる可能性が非常に高いレースだ。

それをさらに助長するのが、メンバー構成だ。
1番人気のヴァルトガイストは典型的な差し馬だし、リスグラシューやラトローブも同様。
あまり前に意識が向きにくいレースになりそうなのだ。
そもそもそれらの馬は展開的な不利を跳ね返せるだけの脚を持っているし、差せると考えているだろう。
これが、前の組の粘りを助長してきそうだ。
昨年も一昨年も逃げた馬が結果を残していることを頭に入れておく必要がある。

おそらく勝負どころでヴァルトガイストが動いてのレースとなるだろうが、この馬は内枠。
かなり後ろからの仕掛けとなるはずで、展開的には非常にしんどくなる可能性が高い。
やはり、前の組の粘りを考えることが最善なのではないか。



実力

買いたい馬
⑪クロコスミア
割に合わないので、あまり日本馬を本命にしたくない。
ただ、今回あまりにも展開が向きすぎる。
マイペースで運べて、プレッシャーも皆無。
序盤行きたがる馬なので、どうせ下がってくると皆が思うはずだ。
自分のペースで運べば、いい瞬発力と持続力を発揮できる馬。
ここでは本命に抜擢する。


まだ買いたい馬
⑤ミラージュダンサー
前走でも1番人気で逃げたわけなので、2着でも仕方ない。
長距離での安定感に加え、長い脚を持っている。
速い脚に対すつ評価は疑問だが、展開的にも向く。
まだ、人気馬の中では一番マークが必要なのではないだろうか。


微妙な馬
①ヴァルトガイスト
強いのは認めるのだが、展開面でしんどい上に、調子面も疑問。
実力、調子、展開の3要素中1つしかないのであれば、必然的にこの評価になってしまう。

⑩リスグラシュー
この馬はそもそも繊細な馬で海外輸送が心配。
外枠で折り合いをつけられるのかの心配も残る上に、展開的にも難しい。
それでも実力を考えれば上位進出の可能性はあるだけに、この評価となる。

⑥ラトローブ
展開面に加え、前2走での時計面でも物足りない。
押さえ以上の評価は難しい。


⑥イーグルウェイ
④エグザルタント
どちらも面白い馬なのだが、展開的なものが不安。
特にイーグルウェイはGⅠでの実績が物足りない。
どうしても積極的に買える馬ではない。


買いたくない馬
③サルウィン
キングジョージや凱旋門賞での内容を見る限り、気象的な課題がある。
こういった馬はスローペースでの瞬発力勝負では難しい印象。
成績にもそれは現れており、今回は静観が妥当だ。

②パキスタンスター
ただでさえ掛かる馬が、距離延長の上にスローペース。
明らかに我慢できない可能性が高い。
直線に入って伸びあぐねる姿が容易に想像できる。

⑫エジーラ
この馬も気性的な問題を抱えている。
最後は厳しくなるのではないか。



結論・買い目

割に合わない可能性もあるが、ここはクロコスミアから勝負する。


ということで、買い目は、
馬連:⑪-①④⑤⑥⑩⑬
複勝:⑪
となります。

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment