FC2ブログ

競馬予想 2019.3.31 第63回大阪杯(GⅠ) 芝2000M

競馬予想 2019.3.31 第63回大阪杯(GⅠ) 芝2000M



自信度:C



高松宮記念より急に予想が的外れになってきているのが気になるところだが。。
色々複雑な事情が垣間見えるこのレース。
実力というよりも展開の読みが重要なレースになりそうだ。
それでは、展開を見ていきたい。



展開

逃げるのはエポカドーロ。
ただ、キセキもスローペースに付き合うつもりはないはず。
隊列は以下のとおり。



逃げ:④エポカドーロ、⑥キセキ
先行:③アルアイン、⑨エアウィンザー、⑬エアウィンザー、⑭ダンビュライト
中段:②ワグネリアン、⑤ムイトオブリガード、⑩ステイフーリッシュ
差し:①マカヒキ、⑦ブラストワンピース、⑧サングレーザー、⑫ステルヴィオ
追込:⑪ペルシアンナイト



まず、エポカドーロもキセキも瞬発力勝負は避けてくるだろう。
また、完全に追い込みに構えますという馬がいないので、位置取りの争いは出てきそうだ。
つまり、平均ペース程度で流れる可能性が非常に高いということだ。

これだけ考えれば、渋った馬場を考慮して前有利と思うかもしれない。
ただ、今回注意したいのは、生産牧場構成が非常に異常だということだ。
下記を見てもらいたい。

社台ファーム  :⑨エアウィンザー(馬主:ラッキーフィールド)
         ⑩ステイフーリッシュ、⑬スティッフェリオ(馬主:社台レースホース)
ノーザンファーム:①マカヒキ、②ワグネリアン(馬主:金子真人)
         ③アルアイン、⑫ステルヴィオ、⑭ダンビュライト(馬主:サンデーレーシング)
         ⑤ムイトオブリガード(馬主:市川義美)
         ⑦ブラストワンピース(馬主:シルクレーシング)
追分ファーム  :⑧サングレーザー、⑪ペルシアンナイト(馬主:GⅠレーシング)
社台系以外   :④エポカドーロ、⑥キセキ

実に社台系以外が2頭のみという異常さだ。
馬主についても、クラブ馬が大半という状況。
そう、大阪杯は中距離路線。
現在国際的にも価値が高い路線なのだ。
つまり、このGⅠ勝ちを社台系で掴み取りたいという意識が強いが上にこういう構成になったのではないか。

また、社台系以外の2頭に注目してもらいたい。
まさしく、先頭と2番手を行く馬だということだ。
何が言いたいのかといえば、前をつぶせば、即社台系の勝ちなのだ。
これが展開に大きく影響すると見ている。
端的にいえば、どの馬かが邪魔しに行く可能性が高いということだ。

そこでメンバーをもう一度眺めるのだが、気になる馬が1頭。
スティッフェリオだ。
丸山騎手が主戦だが、サンデーレーシングが馬主のステルヴィオにスライド。
それで田辺騎手に回ってきたように思える。
ただ、1走だけ田辺騎手に頼んでいるものの、1番人気で4着。
普通なら騎乗依頼はしないだろうし、そもそも関西馬で関西での発走。
それだけを見ても、ここに走る予定が無かったのではないかと疑ってしまう。
おそらく、先行して早め仕掛けの指示が出ているのではないか。
他にも指示の出ている先行馬がいそうだ。
ダンビュライト、アルアイン、ステイフーリッシュ辺りなのではないか。

つまり、今回は後続が必ずついていくということだ。
そして、早めに仕掛けることで先行勢をつぶす。
差し馬がやってくる展開になる可能性が高い。



実力

買いたい馬
⑦ブラストワンピース
こんなメンバー構成でなければ、正直悩む馬。
スタートが悪いので、位置取り上届かない可能性を考慮しなければならないからだ。
ただ、今回は展開の助けを作ってもらえそう。
となれば、道悪という点も加味すれば、この馬が本命になる。


微妙な馬
⑫ステルヴィオ
実力はあるものの、外枠を引いてしまった。
前走はうまく出たものの、やはりスタートが心配。
かなり後ろの位置取りになる上に、距離延長で慎重な騎乗になる可能性が高い。
届かない可能性もあるが、前の組のアシストがある分、微妙な馬になる。

⑧サングレーザー
実力的に少し疑問は残るものの、道悪も持続力勝負も得意な馬。
人気が無い分、最後まで仕掛けを我慢できるので、最後に出てくる可能性がある。

⑪ペルシアンナイト
以前指摘したとおり、今年重賞では人気以上に持ってきていないデムーロ騎手。
ただ、今回騎手の質が大幅に低下。
得意な展開になる可能性も高く、今回はマークが必要なのではないか。


買いたくない馬
⑨エアウィンザー
評価が非常に難しい馬。
前走、得意のスローペースで完敗し、実力不足を露呈。
今回はさらに持続力勝負で未知数な部分が出てきてしまう。
人気も含めて、買うには割に合わない馬に映る。

④エポカドーロ、⑥キセキ
本来なら、どちらも買いたくなる馬。
しかし、展開欄で書いた理由により、どうしても不利になってくるのではないか。
今回は、静観妥当と見る。

②ワグネリアン
この馬は瞬発力勝負は優れているようだが、持続力勝負はいまだ未知数。
しかも、皐月賞で、道悪は苦手という発言をしている。
今回は未知数の持続力勝負に加えて雨が降ったことで、苦手な競馬になる可能性が高い。
つまり、静観妥当と判断する。




結論・買い目

確かに実力は拮抗しているので、大きな勝負はできない。
ただ、今回は生産牧場の面から展開に注視したいレースだ。


ということで、買い目は、
馬連:⑦-⑧⑪⑫
複勝:⑦

となります。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment