FC2ブログ

レース回顧 2017.9.17 第35回ローズS(GⅡ) 芝1800M

2017.9.17 第35回ローズS(GⅡ)の回顧をしようと思う。



自信度Cでしたが、あまりにも大外ししてしまいました。
それにしても、単複以外で1着にも2着にも推奨馬がいないという失態はいつ以来でしょうか。
調べてみると、7月16日の函館記念以来2ヶ月ぶり。
恥ずかしいです。


とにかく、まずレースを振り返りたい。

展開は、正直思ったとおりだった。
カワキタエンカが行ったが、2番手集団の押し上げでミドルペースに。
完全に実力が試されるペースとなったわけだ。
やはりそれだけ、前に前にの気持ちが騎手にあったということだ。
ヤマカツグレース、ブラックスビーチ、サトノアリシアら人気薄の馬だけでなく、
カラクレナイ、レーヌミノルなどの巻き返しを期する馬や、
ファンディーナ、モズカッチャンなど人気馬もそれを意識していたように思う。
逆に、リスグラシューとミリッサは後方待機。
このクラブは複数出しでも特に連携した作戦は考えていないように思える。
勝負どころでファンディーナ等がじわじわ前を捉えに行ったが、最後に後方待機勢の一気の襲来で幕を閉じた。
展開はおおむね読み通りなのに、これだけ外したので個人的にはショックなレースだった。
今回ちょっと書きたい馬が多すぎるので、1つづつ書いていく。


◎カワキタエンカ
最後まで粘ったのには本当に驚いた。
正直に、私の見立てが間違っていたことになる。
逆に、桜花賞は、やはりレースレベルが非常に高かったと思い知らされた。
本番では人気になってくるのではないか。

◎ラビットラン
500万下を内容良く直線一気で勝ったものの、ここまで強いとは思わなかった。
スローペースでもハイペースでも対応可能なことを証明したので、本番では外せない。
しかも、今回プラス体重で勝負しているので、警戒が必要だ。

◎カラクレナイ
直線勝負と思っていたが、勝とうとして完全に人気薄のレースをしてしまい自滅した印象。
でも内容を見ると、スピードが勝っている馬で、やはり距離が課題ということになるのだろうか。
さすがに秋華賞には向かわないだろう。

◎レーヌミノル
レーヌミノルは、またしてもあっさりと後退。
距離もなのだが、こちらの馬は内容的に精神面も気になる上に、実力も少し疑わないといけないかもしれない。
私は、真面目に走る馬の印象だったが、見直しが必要だ。

◎ファンディーナ、モズカッチャン
仕上げていなかったとはいえ、かなり負けている。
モズカッチャンにおいては、内枠だったにもかかわらず、だ。
時計勝負に弱い可能性が高まった。
本番で人気になるようだと、疑う必要がある。
また、モズカッチャンはパドックのテンションがあまりに高すぎる。
パドックにも注意だ。

◎リスグラシュー
この馬は、この馬場と展開で連に絡めないのであれば、次回以降は軽視でいいだろう。
いつも武豊騎手は、エンジンのかかりが遅いとコメントしているが、毎回言っているということは、
これがもはや是正できず、レースにも影響し続けているという証だ。
少なくとも1着をとることは今後どんなレースでも難しいだろう。

◎ミリッサ
内枠で、馬群に戸惑っていたとのコメント。
それでもスペースを探しつつ間を縫いながら4着に来たので、まだ軽視するには早いように思う。
本番でも注意が必要な馬だ。


これで、賞金が足りなかった2頭が優先出走権を獲得した。
ソウルスターリングとアドマイヤミヤビが出走しないのが残念だ。
さらに、カラクレナイやレーヌミノルが出走しなくても、ボーダーは1400万円位になりそうだ。
レベルは非常に高く、かなり興味深いが、

逃げ:カワキタエンカ
先行:アエロリット、ファンディーナ(メイショウオワラ、ブラックオニキス、ヤマカツグレース)
中段:モズカッチャン(カリビアンゴールド)
差し:ディアドラ、リスグラシュー(ミリッサ、ポールヴァンドル)
追い込み:ラビットラン(ライジングリーズン、ハローユニコーン)

こんな感じになり、各脚質に有力馬が綺麗に分かれてきそうだ。
カワキタエンカがスローで逃げないので今回と同じような展開が考えられる。
今のところ、私の本命はアエロリットで、相手はラビットランもしくはカワキタエンカということになるだろうか。


秋華賞が非常に楽しみです。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

3 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/20 (Wed) 14:39 | REPLY |   

ΨしおんΨ  

Re: 的確さ

ナッツさん

いつも読んでいただいてありがたいです。
そして、的中おめでとうございます!

私の的中率は自信度に大きく左右するため、自信度Cの時は外して買ってもらったほうが当たるかもしれません。
これは昔からずっとそうです。


また、今回のレースが私にとって難しかったのは、
桜花賞でカワキタエンカより上位に来た3頭が総崩れしたことです。

なので、ちょっとコメントで疑問に感じたのは、
春のクラシック参戦馬の連対が無いと考えているのに、カワキタエンカを敢えて入れたことです。

その理由を教えていただければ非常に嬉しいです^^

2017/09/21 (Thu) 09:25 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/21 (Thu) 12:32 | REPLY |   

Leave a comment